第56号 (平成19年3月5日)
『どこかおかしいぞ』

 昨年の暮れから新年にかけて殆ど雪が降らない。「どこかおかしいぞ」と感じている。多くの人が雪がなくて有難いとは言うが、地球温暖化がいよいよ現れて来ているようにも思う。
 伝説無量寿経に「心田開発」(しんでんかいほつ)とある。心の田を開拓しようということである。兎角人間が行う行為は、開発事業(かいはつじぎょう)で山林を伐採してダムを造り、工場を建ててt製品を作り出した。これが地球温暖化の大きな原因の一つになるのだから、そろそろ心のの田を耕す時節到来かと思うこの頃である。
 まだおかしいことは次々と出てくる。「家庭」もおかしい。夫婦兄弟、奥さんが旦那さんを殺してバラバラにした箪笥に押し入れに入れてあったとか、兄が妹を殺して、バラバラにした事件は記憶に新しい。火曜サスペンスの話でなく、現実の問題になって初めて、おかしいぞと騒ぎ出した。
 人間の社会は、住みやすくなったように思う反面、人間関係は難しくなり、社会全体が閉塞感に満ちている。歴史を振り返ると、人間は様々な失敗を繰り返してきたが、余り気付いていないようで、又繰り返してしまうのだろう。恥ずかしいことだが。
 今から700年前親鸞聖人は「さるべき業縁のもよおさば、いかなる振るまいをもすべし」と歎異鈔に述べられ、人間はひとたび恐ろしい縁が生ずると、どのようにも恐ろしい行為に及ぶものだと教えられている。善い人、悪い人の違いは無いのだと仰せられているのである。
 現代の日本人に、もっとも欠けていることは人間の弱さの自覚であり、感謝と懺悔の気持ちを忘れず、謹んで生活することが何より大切なのである。

『重誓名聲』(じゅうせいみょうしょう)
 正信偈の五劫思惟之摂受重誓名聲聞十方(ごこうしゆいししょうじゅじゅうせいみょうしょうもんじっぽう)にあることばです。これは阿弥陀さまのご本願について述べられたところで、昔阿弥陀さまが法蔵菩薩としてご修行なされ、五劫という長い時間工夫をこらして、すべての善人も悪人も救うという南無阿弥陀仏の名号を成就されたのでした。
 「重誓偈」(じゅうせいけい)には、今まで誓った四十八願の一つ残さず成就しなければ、仏になりません。次に世の中に悩み苦しむものの或る限り、仏になりません。三つ目に阿弥陀さまの名前が十方の人に知れ渡り、

その名を称えるようにならなければ、仏になりません。と重ねて誓われたのです。
平成19年のお正月はこの「重誓名聲」と書かせて戴きました。
 どうぞ皆様にはこれからの毎日を阿弥陀さまのお名前を稱えながら安らかで充実した生活をいたしましょう。生き甲斐のある人生を報恩感謝のお念佛と共に生き抜いてまいりましょう。

*****************************************************************************
  日時 5月12日(土)
     午前10時より
  場所 慧林寺一階ホール
  費用 花祭り参加者は、無料(申し込みは不要です)
     誕生日会参加者は、一人 1,000円(申し込みが必要です)
*****************************************************************************
花祭りとは、お釈迦様の誕生をお祝いする行事です。
お釈迦様が、誕生された時、天から甘露の雨が降り、美しい音楽が響いたといわれています。ですからその時の事を表現して、お誕生仏に甘茶をおかけし、お釈迦様とのご縁をいただけますようにと、お参りいたします。
 当寺では、お子様たちが楽しめるように、ビデオや○×ゲーム、ビンゴゲーム、おもちゃを用意しています。多数のお子様をお待ちしています。
 誕生会では、初参りのお子様に、お寺より懐中名号と念珠を、婦人会からプレゼントや赤飯などを用意していますので、ぜひ、ご参加下さい。
 希望者は、4月末までにお名前・誕生日・連絡先をお知らせ下さい。

電話 011-811-7624
FAX 011-811-2828

◎一日レクリエーションのお誘い
行き先 旭岳ロープウェイと美瑛見学
日程  7月5日(木)
    慧林寺→旭岳ロープウェイ→姿見の池→旭岳温泉にて昼食→美瑛→慧林寺
    (都合によりコース変更あり)
 皆様のご参加をお待ちしています。詳しくは次号でお知らせします。

◎全道婦人大会
 北海道地区に於いて、平成12年度より年に一度、六月に全道婦人大会が開催されまして今年で第8回目を迎えます。平成19年度は「清真寺」岩見沢市栗沢町で行われます。
 是非、慧林寺婦人会の会員の皆様の参加をお待ちします。
大会会場 清真寺(栗沢町)
日時   6月19日(火)慧林寺午前9時出発
参加費用 1,000円(記念品・昼食を含む)
持ち物  袈裟・念珠

◎「さくら」春号
 年四回会員の皆様に配布しております「さくら」春号は彼岸期間中に届く予定でございます。お寺にお彼岸のお参りされます折、お声を掛けてお持ち帰り下さい。

◎3月25日の婦人会定例は休みになります

内容
内容
3
9・10
定例法座
(布教使 真栗義丸師)
9
9・10
定例法座
(布教使 吉峯教範師)
16〜19
報恩講及び特別永代経・近年物故者追悼法要
20〜26
秋彼岸永代経法要
18〜24
春彼岸永代経法要
25
婦人会定例法座は休み
25
婦人会定例法座 休み
10
9・10
定例法座
(布教使 木村映了師)
4
9・10
定例法座
(布教使 佐々木日出国師)
26
小樽量徳寺報恩講団体参詣
30
婦人会報恩講及び物故会員追悼法要
11
9・10
定例法座
(布教使 中村 尊師)
25
婦人会定例法座
(御住職)
25
婦人会定例法座
5
9・10
定例法座
(布教使 亀居 欽師)
28
宗祖親鸞聖人御命日
12
9・10
定例法座
(布教使 内藤則雄師)
25
婦人会定例法座
   
28
仕事納め
12
花祭りと誕生会
31
除夜の鐘 修正会
25
婦人会定例法座
(御住職)
1
1〜4
休み
6
3
特別永代経法要
9
新年交礼会
9・10
定例法座
(布教使 飯山正悟師)
9・10
定例法座
(布教使 田村豊円師)
19
第8回全道婦人大会
(於 清真寺)
25
婦人会定例法座
25
婦人会定例法座
2
9・10
定例法座
(布教使 械塚智博師)
7
5
婦人会日帰りレクリエーション
25
婦人会定例法座
9・10
定例法座
(布教使 新保宗之師)
※いずれ定例法座・春・秋彼岸法要は午後1時からです。(1月9日のみ11時からです)
25
婦人会定例法座
8
1〜25
在家盆参り
9・10
定例法座
(布教使 長谷川慶順師)
25
婦人会定例法座は休み

 去る1月29日に監査と総代会、1月31日には運営委員会総会が開催されました。於いて、平成18年度の決算報告と今年度の予算等が協議され、承認されました。
 決 済 事 項
一,平成18年度一般会計資金収支決済書
一,平成19年度資金収支予算書(原案通り決定す)
一,監査報告
  佐藤輝男監査、中川和也新監査より、正確かつ真正であった旨報告された。
◎会館改築について
親鸞聖人七百五十回忌御遠忌法要の記念事業として、老朽化した旧会館を改修する事が決議された。後日全檀家に趣意書を発送する事が決議された。
◎寺務所改修のお知らせ
 寺務所が皆様の休憩場として生まれ変わりました。寒い日など、どうぞご自由に中に入ってお休み下さい。
◎維持費について  
維持費納入にご理解ご協力を頂き、有り難うございます。本年度も宜しくお願いします。
維持費 年 9,000円
    月  750円

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
慧林寺に於きましては、一年間に御檀家へ下記の通りご依頼致しております。
維持費 年 9,000円
報恩講志納 7,000円
春・秋彼岸に御志納下さい。
納骨壇お持ちの方へは、
管理費 年 5,000円
         以上です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 地区の役員様が集める場合、お参りの時に職員が集める場合、又僧侶・役員が集金に伺っていないお檀家様には、郵便振替用紙を同封致しました。御都合に合わせてご納入下さい。

◎責任役員・総代・監査・御退任・御就任報告
前責役の山根氏、総代の松本氏・中井氏・浅井氏各代より体調を考慮され、役を御退任されました。
 すでに昨年7月頃より、新責任役員に篠田正治氏(新琴似)、新総代に大滝孝好氏(西岡)、竹田尚司氏(西岡)、佐藤俊幸氏(月寒)、戸井敏夫氏(清田)、朝倉正人氏(白石)以上6名の方に御就任戴きました。又、永年監査役をお願いしていました竹田尚司総代から、新監査役として中川和也氏が御就任されました。
 前責任役員、前総代、前監査、永年の御功労に感謝申し上げます。
 皆様へご報告が遅れました事、お詫び致します。
 尚、慧林寺では、以前より総代にご就任いただいております、田中稔氏(白石)、鷲田久三氏、(豊平)、花岡正雄氏(平岸)、和田壬三氏(平岸)、河谷博之氏(白石)の各氏と共に、総代11名、監査2名、運営役員40名の役員皆様と共々運営させていただいております。

 3月18日より、24日迄、本堂に於いて、午後1時より春彼岸永代経法要が厳修されます。
 春彼岸はたんにお墓参りをするだけでなく、亡き人を縁に仏法を聞く一週間です。このご縁に富山県より特別にお招き致しました布教使 馬川 頼徳先生がお越し下さいます。
どうぞご家族お揃いで御焼香・御聴聞下さい。
 
春彼岸法要の御志納袋をお配りしております。宜しくお願いします。

◎おみがきのお手伝い
3月16日(金)午前9時より
お忙しい中誠に恐縮ですが、お手伝いお願いします。
◎声明講習
 お勤めの練習を月一回、一時間程度します。
持ち物 勤行本、念珠、肩衣(お持ちでなければお寺でも用意がございます)
    昼食(おにぎり程度)
日時  毎月9日(但し都合で変更あり)午前11時より1時間程度
費用  無料
講習日予定
 3月9日、4月9日、5月9日
 これから寒暖を繰り返しながら春を迎えますが、風邪など引かないようにお身体を大切にお過ごし下さい。春彼岸には多くの皆様にお目にかかれますよう念じています。

過去の「慧林寺だより」はこちらからご覧になれます。
第55号
第54号
第53号
第52号
第51号
第50号
第49号
第48号