第52号 (平成18年3月5日)
『あ〜とため息の毎日』

 今、イタリアのトリノで冬季オリンピックが開催されています。毎日その熱戦が伝えられますが、今回の日本選手団の活躍は今一つのようです。報道は過熱気味で日本期待の競技は○○時に始まります。皆さんと一緒に応援しましょう。日本国を挙げて期待していると言わんばかりで、選手の皆さんには大きな精神的な負担になっているように思います。こちら側もそんな作為についつい釣られてテレビ越しにほら頑張れと力を入れて応援しています。その後に「あ〜とため息の」毎日です。今日は選手の皆さんにご苦労様ですと静かに労いの言葉を贈りたいと感じています。
 又気に掛かるニュースに幼児や小学生が狙われる悲しい事件があります。自己の本能を押さえることも出来ない大人が世の中に氾濫したためなのか、実に寂しい問題であります。そんな中、滋賀県長浜市の幼稚園児の二人が何者かに刺殺されたと何とも酷いニュースが飛び込んで参りました。又変質者の犯行かと思うと、容疑者は同じ幼稚園に我が子を通わせる母親だった。その母親は園児をさしたことは認めたが、動機については話していないようです。何がこんな事件を引き起こすのか愕然として「あ〜と頭を抱える」親は子どもを守る立場であるのに、、母親をして何故こんな事をと、その動機を知るよしもありませんが、人間関係がますます難しくなる現代人に心のあり方を今一度考え直す時代が到来しているように感じます。併せて宗教の必要性を痛感させられました。
 浄土真宗の御開山親鸞聖人は歎異鈔に「さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいをもせよ」と仰せられています。その人がよい人悪い人に関わりなく縁が生ずればどのような行いをもするぞと言う事であります。悲しい業でありますが、そのような宿業を保ち得る身であることを如何に覚悟できるか、それが信仰に身を置く時に大きな頷きとなり、今日も恐ろしい業に会わなかった事実に感謝して生活することを教えていただくのです。
 トリノの報道に一喜一憂し、新聞の報道に又こんな事件がといつも人ごと(対岸の火事)のように過ごしている我身にこそ「あ〜とため息」が溢れて参りました。蓮如上人の「いそげいそげのご催促」を思い出し、優越感と劣等感の中に身を置き、好き嫌いで過ごしている毎日を恥ずかしく思い知らされました。

 日時 5月13日(土)
    誕生会 午前10時から引き続き花祭り
 場所 慧林寺1階ホール
 費用 花祭り参加は無料
    誕生会参加者のみ一人1,000円
 花祭りは、お釈迦様の御誕生をお祝いし、御門徒や地域の子ども達のすこやかな成長を願い、お寺や仏様と触れあって頂く為に、毎年5月の初めに開催しています。お寺では、子ども達に楽しい時間を過ごしてもらえるように、ビデオ上映会、○×ゲーム、輪投げ、ビンゴゲーム(おもちゃが当たります。)等沢山の催しとジュースや綿アメを用意しています。
 午前の2時間程度ですが、お寺の役員、婦人会、ローターアクトクラブの皆さんのご協力をいただき、子ども達を楽しく触れ合う会にしたいと思います。
 対象は小学校6年生までの子ども達です。どなたでも無料で参加できますので、お子様、お孫さん、近所の子ども達を誘って是非起こし下さい。
誕生会
 誕生会(初参り)は、お子様の誕生をお祝いすると共に、初めての仏縁となる大切な行事です。誕生会に申し込まれたお子様には、お寺より懐中名号と念珠を、婦人会よりお祝いのお赤飯やおもちゃを差し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    
お誕生会参加費は一人1,000円です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 当日受付にてお支払い下さい。尚、お誕生会お申し込みの方は、お子様のお名前、生年月日、年齢、保護者様のお名前、住所、電話番号をお書きの上、郵送か持参、ファックス(811-2828)で四月末日までにお申し込みください。

1月9日、定例法座に引き続き新年交礼会が多くの皆様のご参加で、にぎやかに行われました。その際、御住職より色紙が配られました。
「即横超截」(そくおうちょうぜつ)と読みます。
 この言葉の出典は親鸞聖人の主著、教行信証六巻の行巻と信巻の間に顕された「正信偈」の中の言葉です。意味は、信心の利益をあげる中の第四に、仏力他力によって、、速やかに迷いの世界をたちきることを示したものです。信心を獲て、仏を敬い、往生について安心できたものは、信心を戴くと同時に仏力によって迷いの世界を離れることができると示されたものです。

去年の11月28日、早朝6時に小樽量徳寺様から7名と慧林寺から21名が貸切バスで新千歳空港へ、予定通りご本山11時到着、坂東曲という御満座法要のお勤めにお参りすることができました。午後1時から全国大会が開催され一連の行事が厳粛に進行し大谷貴代子總裁(御法主台下御母堂様)から念仏の心について優しくお言葉を賜りました。また結成されたばかりの東本願寺男声合唱団の美声が披露され行事の区切りごとの混声コーラス合唱は婦人会らしい演出が印象的でした。午後5時から我々が宿泊している浅草ビューホテルで約500名の僧俗懇親会が盛大に行われ特筆すべきは8月にご誕生されたばかりの愛くるしい愛和様が長時間ご臨席され御法主台下様のご厚情に感激いたしました。翌日、鶴岡八幡宮、鎌倉大仏、熱海市内などを見学し伊豆山温泉に宿泊。
 翌日は悪天候の予報で心配していましたが、なんと大島、初島の背景からの日の出はすばらしく皆さんが感動したようです。箱根関所、芦ノ湖など見学、十国峠から冠雪した富士山を望むことができ大満足、小田原市内、レインボーブリッジを経由し羽田から予定通り沢山の思い出とお土産を持ち帰り慧林寺に到着、旅行中好天に恵まれ、多くの方々との出逢いに感謝しております。            合唱
                             (中川和也 記)
(尚、慧林寺婦人会より今回大会参加者に、五千円の助成金を頂戴致しました。)

◎一日レクリエーションのお誘い
<旅程表>
======================================
08:00慧林寺ー道央道(札幌IC〜秩父別IC)09:30多度志町・永教寺(ご参詣)10:30ーーーーーー11:00『明日萌駅』11:30ーーーーーー11:45幌新温泉(昼食)12:45ーーーーーー14:00増毛町・本間酒造14:45ーーーーーー15:15雄冬・白糸の滝15:30オロロンライン・浜益・厚田・石狩経由18:00慧林寺
======================================
食事 朝:なし 昼:幌新温泉 夕:なし

日時 7月5日(水)
   慧林寺午前8時出発〜午後6時頃帰寺
行先 多度志・永教寺と沼田・増毛方面
費用 1,500円(会員)
   2,500円(会員外)
皆様のご参加をお待ちします。
◎3月25日の婦人会定例法座はお休みです。

 慧林寺門徒の皆様には、御法義大切にお念仏の生活を営まれていることと、ご推察いたし、心からお慶びを申し上げます。さて去る1月30日、運営委員会総会において、平成17年度決算と今年度予算について協議され、承認されました。本年度も宜しくお願い致します。
 決 済 事 項
1,平成17年度一般会計資金収支決済書
2,平成18年度資金収支予算書(原案通り決定す)
3,竹田尚司監査、佐藤輝男監査より、正確かつ真正であった旨報告書にて提出
4,その他
◎維持費について  
厳しい経済状況の中、維持費納入にご理解・ご協力を頂き、有り難うございます。本年度も、前年度と同額の 1年 9,000円 1ヶ月 750円となっております。
地区の役員様が集める場合、お参りの時に職員が集める場合、又僧侶・役員が集金に伺っていないお檀家様には、郵便振替用紙を同封致しました。御都合に合わせてご納入下さい。
維持費 年 9,000円
    月  750円

内容
内容
3
9・10
定例法座
(布教使 真栗義丸師)
9
9・10
定例法座
(布教使 牧野尹岳師)
16〜19
報恩講及び特別永代経・近年物故者追悼法要
20〜26
秋彼岸永代経法要
18〜24
春彼岸永代経法要
25
婦人会定例法座は休み
25
婦人会定例法座 休み
10
9・10
定例法座
(布教使 木村映了師)
4
9・10
定例法座
(布教使 吉峯教範師)
30
婦人会報恩講及び物故会員追悼法要
11
9・10
定例法座
(布教使 中村 尊師)
25
婦人会定例法座
(御住職)
25
婦人会定例法座
5
9・10
定例法座
(布教使 亀居 欽師)
28
宗祖親鸞聖人御命日
12
9・10
定例法座
(布教使 内藤則雄師)
25
婦人会定例法座
13
花祭りと誕生会
31
除夜の鐘 修正会
25
婦人会定例法座
(御住職)
※いずれも定例法座は午後1時からです
6
4
特別永代経法要
9・10
定例法座
(布教使 飯山正悟師)
22
第7回全道婦人大会
(於 北栄寺)
25
婦人会定例法座
7
5
婦人会日帰りレクリエーション
9・10
定例法座
(布教使 新保宗之師)
25
婦人会定例法座
8
1〜25
在家盆参り
9・10
定例法座
(布教使 土屋恵正師)
25
婦人会定例法座
3月18日(土)より24日(金)までの1週間にわたり、本堂に於いて午後1時より春彼岸永代経が厳修されます。この法要に、富山県より特別にお招きしました、馬川透布教使の御法話がございます。
 是非皆様お揃いでご焼香、ご聴聞下さい。
春彼岸永代経の御志納袋をお配りしております。よろしくお願いします。
3月16日(木)
午前9時より仏具のおみがきをします。皆様のお手伝いをお待ちしております。
◎声明講習
 お勤めを練習しませんか?
日時  毎月9日(但し都合で変更あり)午前11時より1時間程度
費用  無料
持ち物 勤行本、念珠、肩衣(お持ちでなければお寺でも用意がございます)
    昼食(おにぎり程度)
 声明講習の日程
3月9日、4月10日、5月9日となっております。
◎茶道教室(裏千家
 趣味として茶道を嗜みませんか?
日時  毎週土曜日(月3回第4土曜日は休み)の午後1時〜4時迄の間でご都合の良い時間
月謝  5,500円

声明講習、茶道教室についてのお問い合わせ、お申し込みは事務所(811−7624)までお願いします。
 昨年秋口の気象台は暖冬で雪も少ないと発表しましたが、直ぐに厳冬で雪も例年並みと変更しました。このところ降雪も一段落の様子ですが、毎日の挨拶になるくらいよく降りましたね。春になると雪も消えて花の咲く季節が来る。風邪も流行りますがお元気でお過ごし下さい。春彼岸にお待ちしています。

過去の「慧林寺だより」はこちらからご覧になれます。
第51号
第50号
第49号
第48号