第50号 (平成17年9月5日)

去る8月13日午後10時58分、御法主台下、御裏方様には、体重3302グラムの女児を誕生あそばされました。お健やかな御成長を念じ上げます。慧林寺をあげてお慶び申し上げます。

親鸞聖人の90年の御生涯の御遺徳とお示し下された本願念仏の大道を報恩感謝の行業としてお勧めするものです。
□御命日は《弘長2年(1262年)11月28日》御本山ではこれに当たり七昼夜のお勤めが厳修され、御伝鈔(親鸞聖人の御一代御物語、御本堂余間に四幅の御絵伝が掛けられます)を聴かせていただき、御開山聖人の御恩徳を偲ばせていただく真宗門徒にとっては最も大切な御仏事であります。
 私共末寺では、御本山の御日程に重ならないよう、各々の時期にお勤めされます。慧林寺では、9月19日を満座として三昼夜厳修します。
 易く浄土往生させていただく道を、あきらかにお示し下された親鸞聖人の御恩徳を私達の祖父、祖母、お父さん、お母さんが大切にされてこられました。
 亡くなられた方を通じて、ご先祖のお心を偲びつつ、お寺にお参りしてご本願のお念仏に遇う良きご縁とさせていただきましょう。

   報恩講は真宗門徒にとって最も大切な法縁です。
   一座でも多く御参詣・御焼香・ご聴聞致しましょう。

特別永代経とは檀信徒の皆様から特別に懇志金を戴き永代に読経することを言います。春秋の両彼岸と6月、9月の報恩講に特別法要が勤まります。9月は御本山より御連枝殿の御出仕のもと厳修されます。この尊い御勝縁に是非お詣り下さい。尚、近年物故者追悼法要に当たる方には重複の御案内となりますのでご了承下さい。
 来る9月18日午後6時より慧林寺本堂において、慧林寺物故者追悼法要と近年物故者追悼法要を厳修致します。ご家族お誘い合わせて、ご参詣、ご焼香戴きますよう御案内申し上げます。尚、近年物故者追悼法要(平成8年度から平成17年8月末日までに亡くなられた方)になりますのでご家族の方には別に、個人の法名記入札とご案内状が同封されます。
 当日までに法名札をご持参の上お申し込み下さい。
法要後7時頃から記念講演が御座います。講師の先生は、元カリフォルニア州立大学教授、東本願寺国際仏教研究所所長、多度志町永教寺住職、松永大元先生のお話がございます。とても有意義なお話をお聞かせ戴けると存じます。
 是非沢山のご門徒の皆様にご勝縁にお会いいただけますように重ねてご案内申し上げます。

◎平成17年度
 婦人会報恩講 婦人会物故者追悼法要


 ご 案 内
日時 10月31日(月)
お斉 午前11時45分〜12時50分迄
始経 午後1時より
法話 御住職様 一席
総会 法話終了後

 
婦人会報恩講並びに物故者追悼法要が上記の日程で厳修されます。
親鸞聖人の御恩徳に感謝し又婦人会発展の為にご尽力された会員を偲び、皆様共々、ご参詣・ご焼香致しましょう。

敬 弔ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 故 吉田 ミサ 様  故 吉岡 ミサヲ様
 故 堀崎 トキ 様  故 土橋 ツヤ 様
 故 平野 美津 様  故 北村 とめ 様
 故 山崎 コト 様
 ご生前に賜りましたご功労に感謝し哀悼の意を表します
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 尚、例年は30日でしたが本年度は、日曜日と重なり31日(月)になります。25日の婦人会定例法座はお休みです。
 

 平成17年7月6日に旭山動物園とユーカラ織工芸館へ行って参りました。
当日の札幌はあいにくの雨模様でしたが、現地の天気に期待して出発しました。北海道の大自然をモチーフにした美しい織物の優佳良織工芸館を見学し、午後からは、「旭山動物園」へ。ホッキョクグマ館やオランウータン館・アザラシ館は平日だというのに大勢の人で混み合っていましたが、自然に近い動物達の様子は迫力満点で皆さんとても楽しんでおられました。
 心配していた雨も少ししか降らず、大変楽しく思い出に残った日帰りレクレーションとなりました。また来年も道内で日帰り旅行を企画しておりますので、是非ご参加下さい。
日時 10月26日(水)
   慧林寺午前9時出発
費用 無料(賽銭程度)
人数 29名迄(定員になり次第〆切り)
 午前中に参詣し、昼食終了後、小樽「かま栄かまぼこ」と南樽市場に立ち寄り、午後4時半頃に帰寺予定。参加申し込みは、寺務所まで
【電話】(011)-811-7624
本山婦人大会に併せて、沖縄訪問へと計画致しました旅行は都合により、本山参詣と伊豆箱根方面に変更となりました。皆様の参加をお待ち申し上げます。
予定
9
9
定例法座(牧野伊岳師)
10
定例法座(牧野伊岳師)
13
おみがき
16〜19
報恩講
20〜26
秋彼岸永代経
10
9
定例法座(木村映了師)
10
定例法座(木村映了師)
25
婦人会定例法座は休み
26
小樽量徳寺報恩講
31
婦人会報恩講及び総会
11
9
定例法座(中村尊師)
10
定例法座(中村尊師)
23〜28
本山本願寺報恩講
25
婦人会定例法座(未定)
28〜30
本山参詣旅行(二泊三日)
※いずれの定例法座も午後1時より始まります。

9月13日(火)午前9時より
報恩講をお迎えするにあたり、仏具の磨き以外に本堂・法中控室・境内等の掃除等もあり、お一人でも多くのお手伝いをお願い致します。

◎報恩講御志納のお願い
 
真宗門徒にとりまして何よりも大切な法会であります報恩講が厳修されます。御檀家の皆様には誠に恐縮ですが一戸平均七千円の御志納をお願いしております。地区の役員又はお寺の職員がお願い上がります。又お伺い出来ない場合は郵便振替用紙をお送りしております。すでに納入頂いたお檀家様には重複をお許し下さい。
 暑い夏も一雨ごとに秋の気配を感じます。この暑さもすぐに懐かしく感じられます。お盆ではお世話になりました。また9月は報恩講と秋彼岸会がお勤めされます。是非お参り下さい。

過去の「慧林寺だより」はこちらからご覧になれます。
第49号
第48号